学校案内


前橋東看護学校のねがい

前橋東看護学校
前橋東看護学校は、明治13年(1880年)創立の「公益社団法人前橋積善会」が理念として掲げる「慈悲善隣」の精神を基盤として、「看護に関する総合的能力を身につけ、人の心を大切にした看護の実践者を育成すること」を教育理念に掲げています。

看護は人の生老病死に関わる仕事です。人の人生の大切な時に関わらせていただく尊い職業ですから、学ぶことはたくさんあり、余裕ある学生生活ではありませんが、3年後には成長した自分と必ず出会えます。

そのためには、看護師としての専門的な知識や技術はもちろんのこと、自己と向き合い、人と人との関わり方を考えることを大切にし、あらゆる個性を尊重できる能力や精神力を養うことにも力を入れて教育を行っています。1学年30名という少人数制だからこそ実現できる学生一人ひとりを大切にした関わりや、指導体制が整った学校近隣の病院での臨地実習等、充実した生活が送れるよう環境が整っています。

医療の進歩はめまぐるしく超高齢社会となった現在、看護職の必要性はますます高くなり、活躍の場も広がっています。当校では、看護の発展と社会に貢献できる広い視野と向上心を持ち、慈愛に満ちた看護師の育成を目指しています。「看護師を目指す」皆様の夢が実現できるよう、職員一同で支援いたします。

公益社団法人 前橋積善会 前橋東看護学校
校長 舩津 信子

 

教育理念

 

当校における看護教育は、前橋積善会の理念である慈悲善隣の精神を基盤とし、看護に関する総合的能力を身につけ、人の心を大切にした看護の実践者を育成することにある。

教育目的

 

人間愛と奉仕の精神を基本とし、科学的根拠に基づいた幅広い知識・技術・態度を養い、専門職業人としてあらゆる健康レベルの人を対象に、質の高い看護を提供できる人材を育成する。

また、主体的に研鑽を重ね、看護の発展と社会に貢献できる人材の育成を目指す。

沿革

 

前橋東看護学校は、社団法人前橋積善会を母体として平成7年に開校した。

前橋積善会は本県慈善事業の先駆者として明治13年に創立され130年余りの伝統を重ねている。昭和2年の社団法人化に伴い、翌年県下初の精神科病院「厩橋病院」を開設、昭和16年には精神疾患患者の看護者養成のため、附属看護学校を併設した(昭和25年、法改正により自然廃校)。

昭和28年、新制度による准看護婦学校の設立が認可され、以後41年間の長きにわたり准看護婦を養成し、多くの人材を世に送り出してきた。しかし時代の流れと共に老朽化した建物の建て替えと医療の高度化による看護職の資質向上の必要性から、平成7年4月、3年課程看護師養成を目的として「社団法人前橋積善会前橋東看護学校」を開設した。

平成24年4月、前橋積善会が公益社団法人として認可されたため、「公益社団法人前橋積善会 前橋東看護学校」として現在に至る。

教員からのメッセージ

 

私はこの学校が好きです。学生も教職員も非常勤講師も明るく、熱く、輝いているからです。看護学校のカリキュラムは過密で、学生にとっては一種の宿命とも言えますが、課題に追われる日々も多いです。しかし当校の学生たちは、みな楽しそうに学校生活を送っています。

講義・実習を通して多くの人との関わり合いは、看護の学習とともに、人としての道理を学びます。その中で、緊張、喜び、笑い、楽しみ、迷い、悲しみ、忍耐という様々な感情が交錯する体験を経て自己成長を実感できます。時には悩むこともある中で、自分の意思で選択した道に対しては、自信と責任がもてるものです。

3年間はとてもはやく感じると思いますが、人生においてはかけがえのない時間となることでしょう。卒業時「この学校で学べて良かった」と思えるような実りある学業生活を少しでもサポートできるよう教職員、非常勤講師一同全力を尽くします。

公益社団法人 前橋積善会 前橋東看護学校
教務主任 鈴木 京子


前橋東看護学校