在校生の声


看護師という夢を選んで

在校生

私が看護師を志したのは高校生の頃です。将来の夢を迷っていましたが、高校1年の職場見学で決意しました。患者さんのケア場面に入り、その仕事のやりがいを間近に見たとき、「患者さんと沢山関わり、側で支えることのできることのできる看護師になって人の役に立ちたい」と思うようになりました。

進学先を決める際には、少人数制なのでクラスの仲が良く、先生方も親身に相談にのってくれるアットホームな学校だという、卒業生である姉の話でこの学校を選びました。また大学よりも1年短い3年間という時間の中で、しっかり基礎のある看護を学びたいと思いました。

入学してから2年が過ぎ、あとは臨地実習が続く最後の1年です。仲間と助け合い、協力しながら、目指す看護師像に近づけるよう努力したいです。皆さんも共にこの前橋東看護学校で学びませんか?お待ちしています。

仲間と共に

在校生

私は今、3年生として毎日臨地実習に励んでいます。

入学した当初、新しい教科書を前に、自分が看護師になれるのかと不安でした。看護の知識や技術を学んでいくことは確かに大変です。ですが、仲間と共にテスト勉強したり、放課後に看護技術の練習をしたりする日々はとても充実しています。クラスには色々な年代の方がいるので、学生同士での学びが沢山あります。また一緒に過ごしていく中で、仲間との間に強い絆が生まれました。

臨地実習では患者さんに接することでの緊張は大きいですが、何度も練習してきた技術を実践する中、自分の成長を感じることができます。何より患者さんの笑顔をみることができた時、得られる喜びはとても大きいです。

最後の1年間、しっかりと看護を学び、「患者さんに寄り添えるような看護師」になるのが今の私の目標です。

新たな夢に向かって

在校生

私は社会人経験を経て前橋東看護学校に入学しました。はじめは現役生とうまくやっていけるのか不安ばかりでしたが、学校には社会人経験者が沢山いて、すぐに安心できました。また、同じ志を持つ仲間として勉学を共にしていくと、自然と年齢関係なく仲良くなれました。

学校の講義では、グループワークをすることが多く、その時、社会人経験者の説得力のある意見とは逆に、現役生の意見は時に斬新で若者ならではの意見が出てきたりします。そこがとても面白いと私は思っています。実習では、社会で得た知識と経験は絶対に活かせる時がきますし、現役生と共に学ぶ三年間は、とても実り多いものです。

社会人経験を経て看護学校の入学を考えている方は、ぜひ一歩を踏み出してみてください。卒業するころには、10歳若返っていること間違いなしです(経験談)。